運輸分野

運輸(タクシー・トラック・バス 等)

運輸業ってどんな仕事?

人や物を運ぶ、日常の生活に欠かせない仕事です。仕事を任されることにやりがいを感じる方におすすめです。働きながら資格を取得できる会社も多くあります。

まずはどのような仕事があるのか見てみましょう!

タクシー運転手

お客様を希望する目的地まで安全に送り届ける仕事です。

タクシー会社に勤めている場合は、担当の時刻に会社に出勤し、車の運行前点検を行ってから、営業を開始します。

効率よく営業するために、最寄り駅や繁華街などで待機することもありますが、会社の無線指示を受けて対応する場合やタクシー会社でかかってくる電話を待つ場合もあります。
最近は女性ドライバーも増えています。

介護タクシー運転手

要介護高齢者や体の不自由な人など介護を必要とする人が利用しやすいように、車椅子やストレッチャーでそのまま乗車できるように工夫された特別仕様の車両を使用してタクシーサービスを提供します。

送迎だけでなく介護サービスも提供する場合は、運転手が介護福祉士などの介護関連の資格を取得しているか、介護職員初任者研修を受講していることが必要です。

トラック運転手

トラックやトレーラーなどの貨物自動車を運転して荷物を運ぶ仕事です。

仕事は車両の積載量や目的地までの輸送距離などによって異なり、トラックは大きさと用途により一般的には3つに分類されます。
小型トラックはコンビニや宅配便など近距離向け、中型トラックは中・近距離で幅広く利用され、大型トラックは都市間など長距離での大量輸送向けであり、それぞれ必要な免許が異なります。

トレーラートラック運転手

大量の荷物を長距離輸送するトレーラーを運転して荷物を運びます。

トレーラーは事業用トラックのひとつである牽引貨物自動車のことで、運転席部分と荷台部分が分離できる構造となっており、建築資材、骨材、大型機械、コンテナ、自動車、化学薬品、食品など、重量のある大量の荷物を運搬するのに適しています。

バス運転手

バスを運転し、お客様を安全に決められた場所まで送り届ける仕事です。

一口にバスといっても、「マイクロバス」「中型バス」「大型バス」と様々な種類があります。
バスの運転には、「大型二種免許」が必要で、普通第一種免許を取得後3年以上等の免許取得条件が必要ですが、採用後にバス会社が大型二種免許取得費用を負担する制度もあります。

業界のイメージって本当?

資格がないと働けない?

採用後に会社が免許取得を負担する制度もあります。

補助内容は、一部補助から全額補助まで様々ですし、「○年以上勤務した方」等の限定を設けている会社もありますので、応募する会社への確認が必要です。

もっと詳しく知りたい方はこちら

新潟県内の関連サイトをまとめました!
この業界についてもっと詳しく知りたい方は、クリックしてみてください!

各業界の魅力を知りたい方はこちら
準備中です
スキルアップを図りたい場合はこちら
ひとりで悩んでしまうという方は相談してみましょう!