若者しごと館 (ジョブカフェにいがた)

就職に関する各種情報、職業能力開発からキャリアコンサルティング等のサービスを提供しています。

自信を伝える就職活動

22歳 女性
大学卒業 → 契約社員

 Aさんは県外の大学に通っていましたが、地元新潟での就職を希望しており、授業との調整から思うような就職活動が出来ていませんでした。

しかし他の就職支援機関も利用し、書類の書き方・面接練習を重ねてきたのですが最近は書類すら通らない・・・とのことで、3月に初めてジョブカフェにいがたに来館されました。
一生懸命取り組んできたが結果が伴わなかった、何をどうして良いのか分からないと困惑し、自信を失っていました。
1回目のカウンセリングでは、今までの就職活動を振り返りましたが、Aさんはすらすらと自分の言葉で答えてくれました。やはり、就職支援機関を利用して頑張ってきましたので、基本はしっかりされていました。
そこで次のステップに進みました。

 では、Aさんの伝えたことを企業側はどう受け止めたと思いますか?どんな人物で、どんな働きをしてくれそうだと思ったでしょうか?
Aさんは急に無言になりました。答えることに一生懸命で、一番大切な『その先→相手の反応』まで意識していませんでした。
2回目のカウンセリングでは、3社に向けた『相手の反応』まで考えた応募書類を作成しました。Aさんの基本スキルをベースに、その企業が一番重視しているスキルを考え、それに近づけてアピールしていきました。
後日Aさんから、3社すべての書類選考が通過したとの連絡が入り、自信を失っていたAさんに元気が戻りました。
3回目のカウンセリングでは、面接練習を行いました。自信が元気に繋がり、その姿勢が『やる気・前向きさ』として言葉だけでなく、表情や動作からも伝わってきました。
Aさんは2社から内定をもらうことができ、希望していた職種の●社で4月から働いています。